電話する

地図

予約・問合せ

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
詳しくはこちらをご覧下さい
↓↓↓↓↓↓
「ごとう歯科の院内感染予防対策」
ヘッダーオファー

小児矯正・かみ合わせ育成指導

不正咬合を
根本から正す矯正治療

健康な顎の発達が健康の歯をつくる

健康な顎の発達

むし歯治療で来院されるお子さんは
年々少なくなってきています。
その反面、歯並びや咬み合わせの乱れているお子さんが
急激に増えてきています。
当院では生後からの咬合誘導やその指導も行っております。

▼▼▼ 詳しくはコチラ ▼▼▼

子どもの離乳食・食育教室(4歳未満対象)

かみ合わせ育成指導とは

かみ合わせ育成指導

近年、むし歯治療で来院されるお子さんは
年々少なくなってきています。
その反面、歯並びや咬み合わせの乱れているお子さんが
急激に増えてきています。

2~3才で、歯と歯の間に全くすき間がなかったり、
昔では考えられないようなこの時期での歯並びの乱れがみられたりします。

このことは元を正せば、噛む学習が足らなかったことから生じていると考えられます。

歯並び・かみ合わせが悪くなる原因

指しゃぶり、唇や爪をかむ

歯並びやかみ合わせの悪化、骨格の変形を招きます。

口呼吸

本来鼻で行う呼吸を口で行っている場合、
上あごの成長が十分に行われず、上あごが狭くなり、歯並びの悪化、
そしてあごの骨の変形につながり、顔のかたちにも影響してきます。

姿勢の歪み

例えば食事中に横を向いてテレビを見ながら食べている場合など、
片がみになることが多く、それが続くと歯並びやかみ合わせの悪化を招きます。

よく噛まない

最近は固いものを食べる機会が少なくなっています。
そのことで、かむ力、下の筋肉が十分に発達せず、あごがしっかりと成長できず、
結果、歯並びやかみ合わせの悪化を招きます。

当院では、お子さんの成長過程での誤った体の使い方や、
かみ合わせを正しく導くための指導も行っております。

拡大床・3D装置を使った咬合誘導

拡大床や3Dという装置を使用して、
歯ならびや咬み合わせを治し、子どもの成長を正しい方向へ導くことにより、
全身的な問題をもなくしていく「咬合誘導」という治療方法です。

噛むトレーニングが不十分だと、その分歯が内側にかたむき、歯ならびが悪くなります。
結果、口の中が狭くなり、舌の場所が足りなくなります。
すると、舌がのどを圧迫して息がしにくくなり、体に十分な酸素が供給されません。

こうした状態が続くと、
原因不明の様々な不快な症状(いわゆる不定愁訴)があらわれてきます。

年令によって違いますが、
たとえば小児ぜんそくや、風邪をひきやすい、朝起きたときの偏頭痛、腰痛、
手足のしびれ、肩こり、冷え症、更年期障害等の症状として現れます。

3D装置は、6才から13才間での歯の生えかわりの時期が対象で、
外からは、まったく見えない口の中に入ったワイヤー1本で治していく
非常に簡単でありながら効果の上がる治療法です。

拡大床
3D装置

仕上げ矯正

矯正治療において、「後戻り」がしばしば問題になりますが、
「咬合誘導」で順調に進んだ場合は、あまりこの問題は心配ありません。

ただし、口の大きさが確保できただけで、
1本1本の歯のならびに不正が残っている状態では、
必ずその残った問題が時間とともに大きくなって現れてきます。

こうした場合、「咬合誘導」終了後、引き続き、仕上げの矯正をしなければなりません。

アゴの大きさが十分大きくなり、永久歯に生えかわるためのスペースが、
「咬合誘導」治療により十分出来ていれば、きれいに並べていくだけですので、
大きな骨の異常さえなければ、比較的簡単な矯正治療で済みます。

「咬合誘導」を低年令から長期間続けた子どもさんは、
仕上げ矯正が必要になることは比較的少ないのです。

逆にぎりぎりの年令から「咬合誘導」治療を始めた子どもさんは、
仕上げ矯正が必要になることが多くなります。

それでも歯を抜いての矯正をかなりの確率で防ぐことが出来ます。

矯正治療について

当院では、矯正専門医が行う歯列矯正は行っていません。

確実にきれいな歯並びの結果を求められる場合は、
適切な時期に矯正専門医への紹介を致しております。
矯正年齢に達するまでの成長・発育を促すことを考えたかみ合わせ育成を目指しています。

矯正の代わりになることを期待されていると話が違うということになります。
どうぞご理解をよろしくお願いします。

口腔筋機能訓練装置

歯並びやあごの発達の問題になるものとして、舌の悪癖(舌の突き出しや間違った飲み込み癖)の他にも、口呼吸や指しゃぶりなどがあります。

口腔筋機能訓練(きちんとした筋肉の使い方の訓練)を行うことで、
歯並びを良くするだけでなく、呼吸や嚥下(飲み込み方)、咀嚼(噛む)機能を改善し、
あごの成長を促進して、永久歯がバランス良く萌出できるように誘導します。

CamCam(カムカム)

カムカム

CamCamを噛みながら、細かな手先の作業をしたり、漢字の書き取り練習などを行います。

CamCamを噛んで歯茎を刺激することで、
正しい歯並びやかみ合わせに導いてくれるだけでなく、
噛むことで出てくる唾液を飲み込むことが舌のトレーニングにもなります。

かみ合わせ育成としては、3才から9才くらいが開始年令の対象となります。

パタカラ

パタカラ

口にくわえて口の周りの筋肉を鍛えます。
口呼吸ではなく、鼻呼吸に戻す効果があります。

小児矯正の費用

資料採得・診断 3万円
かみ合わせ育成指導 10万円
トレーナー or プレオルソ 20万円

※ 税別となります。

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0775854332へ

診療時間
9:30〜13:30
15:00~18:00
/
/
休診日 / 日曜・祝日・月曜
▲ 土曜日は9:00~13:00 14:00~17:30
※ 祝日の有る週の月曜日は診療有り
ご予約・お問い合わせはこちら
ごとう歯科医院の外観
フッターオファー
© 2020 ごとう歯科医院